ビーバー隊 10月の取り組み

京都23団ビーバー隊の皆様、こんばんは!

9月中は、大型台風と大地震が日本各地のたくさんの人々や動植物に大きな傷跡を残していきました。

当団ビーバー隊では幸いにして大きな被害があったとの報告は受けておりませんが、当団関係者のおうちの瓦が吹き飛んだり、私たちの活動拠点である本願寺さんの土塀が暴風で、なぎ倒されたり、境内に生える巨木が根元から折れ、建物までも押しつぶすなど、過去にない災害に見舞われました。

「私たちは、今、何をすべきなのかな?何が出来るのかな?」と周囲に惑わされず、自分たちの頭で考え出来ることをしていければと思っています。

ビーバー隊として出来ること。。。。

小さな身体で力仕事はなかなか難しい。。。

では、小さな私たちで出来ることは?

まずは、小さな手と大きな声で募金活動をやってみたいと思います。

ボーイスカウト=募金活動???

これ、違います。そういうテル隊長もボーイスカウトのイメージは募金活動をしているイメージが強くあったんですよね。

でも今、ビーバー隊の隊長をさせていただいていてわかったことは、ボーイスカウトは、自分たちで何が出来るんだろう?と考えた結果、今困っている人たちに遠方からでも出来る支援を!という思いから募金活動に行き着いたまでのことです。もちろん、ビーバースカウト(小学1年〜2年生)が言い出したわけではなく、隊長が幼いスカウトたちに考える力をこの機会に持って欲しいと願ってみんなで取り組めればと思ってるわけですがね。

募金活動は、今週末の三連休の中日、10月7日(日)の午前中に西本願寺の門前にて行いますので、たくさんのスカウトに参加して欲しいな〜

あと、お近くの方は、是非、スカウトたちの頑張っている姿を見がてら、あなたのお気持ちを手に握りしめてお越しいただけると幸いです。

 

はい!これが、10月の一つ目の取り組みです。そして、次にわざわざこのブログに記事まで上げてみなさんに告知したかったのは、

今年も出展します!

全国の本願寺関係者(幼児〜中学生)が出展出来る全国児童生徒作品展に、本願寺さんの直轄団である当団からもエントリーしたいと思います!

ビーバー隊の木の葉章の細目にある「表現(オレンジ)」シールをこれでゲットしちゃいましょう!

 

作品展の詳しい情報は、以下にリンクを貼っておきますのでご覧下さいね。

第62回ってことは、スカウトのおじいちゃん、おばあちゃんがまだ子どもの頃からこの作品展は開催されているんですね〜

主催 浄土真宗本願寺派
名称 第62回全国児童生徒作品展

http://www.hongwanji.or.jp/project/recruit/r002356.html

 

テル隊長が思う、私たちに出来ること!

それは、まず私たちが元気に笑顔で毎日を過ごすこと!ビーバースカウトの笑顔は、ただそれだけで多くの人たちに勇気と感動、それに癒しをわけてくれることは間違いないですよね?

その笑顔を見たみなさんの顔はどうなります? やはり笑顔になっちゃいますよね? こういう笑顔の連鎖の起点にビーバースカウトの子どもたちがなってくれたらいいなと隊長は願っています。

 

さて、作品展に出展することは決まりましたが、肝心なことがまだ決まってませんね。。。

何をテーマに絵を描きましょうね〜

ということで!ここで募集します! ビーバー隊の保護者様でなくてもこんなテーマいかが?というコメントをたくさんお待ちしておりますね〜

3+

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA