2022年3月カブ隊隊集会「隊長からの試練」

令和4年3月20日、梅小路公園でカブ隊の隊集会を行いました。

久々の隊長ブログです。

デンリーダー、団委員、保護者の方の写真をお借りしました。

 

今日はいつものように大輪で集まった後は、年始からのびのびになってしまっていた入隊式です。
みんなの前でしっかりとカブスカウトのやくそくをしてくれ、正式に仲間として認められました。

 

「今日はロープワークや計測の技能を使って組対抗ゲームをするぞ~」ということで、組ごとに分かれてそれぞれのペースで練習に励みます。

   

 

約1時間の練習後、カブ隊のみんなにはあるものが手渡されます。

「これから一年間、みんながハイキングやキャンプに耐えられる能力があるかどうか、隊長自らみんなのことを試す!」ということで、今から5つの試練に挑みます!

第一の試練は『立ち幅跳び』。
しかし、我々はカブスカウトです。ただの立ち幅跳びではありません。
飛んだ距離は自分たちで測ってもらう、『計測立ち幅跳び』です。

計測結果に誤差があれば、誤差分の長さが実際の記録からマイナスされて点数となります。

運動に自信がなくても、正確な計測ができればポイントは巻き返せます!

組によっていろんな測り方をしています。

 

第二の試練は『八の字結びリレー』です。

一本のロープをリレーしながら、もっとも多く八の字結びを作った組が勝ちです。

上級スカウトが丁寧に教えてくれています。

 

第三の試練は『本結び探し』です。

50個の本結びと50個の縦結びから、正しい本結びを見分けてもっとも多い本結びを見分けた組が勝ちです。

簡単なゲームだけど意外と盛り上がります。

 

第四の試練は『ロープワークガンマン』です。

気分はさながら西部劇。

「1、2……」の合図で背中合わせで歩を進め、3のタイミングで「引き解け結び!」と結びの種類を聞けば素早くロープを結び、結びが完成すれば振り返って「バンッ!」。

いかに素早く正しくロープの弾を込めるかが生死を分けます。間違えた結びだったら不発弾となります。

 

ここまで試練を終えるごとに証しとして「力の剣」「智慧の剣」「技の剣」「協力の剣」をもらっていました。

 

そして最後の第五の試練は…

隊長を越えて見せろ!

ということでみんなと剣戟を交えます。

試練を乗り越え強くなったみんなに隊長は秒殺されてしまいました。

これなら安心してハイキングにもキャンプにも行けそうやね。

 

最後はもっともポイントを獲得した組に優秀組章を授与です。

 

仲良しの輪をして解散です。

 

来月からはいよいよハイキングや舎営が始まります!

今年もみんなと色んなことができるのが楽しみです。

みんなが楽しんでくれるプログラム、あーでもないこーでもないと考えておきます。

9+

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA