2019桂川伝令対決

2019桂川伝令対決 が行われました。

場所は桂川沿い、日時は2019年4月28日です。

桂離宮付近のスタート地点から嵐山駅横の嵐山東公園まで

手旗で約30文字を送りました。

第一受信地点です。

誰が手旗を打っているかなどは全くわかりません。

スマホの拡大とズームでかろうじて

手を左右に上げているのが見えます。

これが第一原画ですね。

実際のところカメラより肉眼の方がよく見えました。

この距離なら双眼鏡無しでも十分判断できます。

彼女は一人で読み取り、

わかったよと返信!

距離は約600mでしょうか。

次の方へも約600m

途中、桂川の対岸に通信。

私は橋を渡って撮影!

また対岸に渡って撮影。

一生懸命送ります。

二人で一生懸命手旗を双眼鏡で読んでいます。

一生懸命受けます。

途中松尾橋周辺。

ゴールの公園でセレモニー。

国旗儀礼です。

地区の挨拶。

ボーイ・ベンチャーの様子です。

講評を聞きました。

反省会です。

問題点もありましたが、来年に向けてがんばりましょう。

チームの隊長から講評。

スカウトサインで締めました。

みんな手旗の訓練、これからもがんばりましょう。

明日から春キャンですね!

by H副団委員長(たぶん、撮影と安全対策のため、今日一番たくさん歩きました!)

12+

1 thought on “2019桂川伝令対決”

  1. 声の届かない所まで伝言を届ける。手旗信号の面白さを感じてくれたのではないでしょうか。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA