2019御正忌報恩講 上進式

2019御正忌報恩講 と上進式が1月14日(月祝)に行われました。

カブ隊 ◯組全員集合しました!

カブ隊全員集合しました。

いつもの副長の号令と挨拶ですが、なんとなく緊張感があります。

今日は御正忌報恩講です。

23団のみんなでお参り致します。

ビーバーさんも一生懸命お経を読んでいます。

前では雅楽の調べが厳かに流れています。

23団は最前列でお参りをすることができました。

なかなかこういう経験はできませんね。

ビーバーさんもカブさんも一生懸命お経を読んでいます。

本願寺で、図画・書道・作文の優秀賞展示が行われました。

23団のスカウトの作品も入賞し、飾っていただきました。

隊長のカブコール

実はこのカブコールがくまスカウトにとって最後のカブコールです。

ウォー!いつもより気合が入ります。

隊長の話です。

この後、セレモニーが始まりました。

ベンチャー隊、全員揃いました。

さすがはベンチャー隊は、スマートな着こなし・整列です。

団委員長の話です。

新年のご挨拶、御正忌報恩講の話、上進のお話です。

カブ隊の表彰です。

保護者も一緒に表彰されます。

JOTIの参加表彰です。

ベンチャー・ボーイ隊、世界への情報発信ありがとう!

今年お世話になったデンリーダーにお礼を言い、プレゼントを渡します。

いよいよお別れの時、隊長に最後の挨拶をして、カブのネッチを取ってもらいました。

ボーイたちが迎えに来ました。

ボーイの待つ地に連行されました。

ボーイ隊長にボーイ隊以上のオレンジ色のネッチを付けてもらい、固い握手です。

隊長挨拶です。

「カブスカウトよりボーイスカウトは厳しいぞ!」と隊長に檄を飛ばされました。

制服はカブ、ネッチはボーイという年に一度の上進のときだけの風景です。

新ボーイ体制の記念写真です。

団委員長から、新デンリーダーの委嘱が行われました。

デンリーダさん頑張ってください。

カブ隊の新デンコーチの紹介です。

次はビーバーの上進です。

隊長からプレゼントを貰いました。

うれし恥ずかし、カブのネッチをお兄さんお姉さんに付けてもらいました。

なかなかの緊張です。

残ったビーバースカウトで、ビバ・ビバ・ビーバー!

間もなく、仮入隊のビーバースカウトが見学に来てくれます。

 

全員上進してくれて、嬉しさでいっぱいのH副団委員長です。

20+

7 thoughts on “2019御正忌報恩講 上進式”

  1. 全員そろっての上進
    最高の喜びです。

    上進スカウトのみなさん
    おめでとう‼これからも元気な活躍を期待します。
    上進保護者の皆様
    心よりお祝い申し上げます。

    ご指導いただきましたビーバー隊指導者の皆様、カブ隊指導者の皆様
    揃っての卒隊が叶いました。
    皆様のご指導に感謝します。少し寂しくなりましょうかね。

    23団の皆様
    今年も23団の「情熱あふれるスカウト運動」を展開して参りましょう。
    本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

  2.  彼ら・彼女らのビーバースカウト時代から隊長として関わった3名。そして、カブ隊長として初めて「やくそく」を交わした1名。その4名全員がボーイ隊に上進してくれ、感無量です。
     ベーデン=パウエルさんが、オペラにたとえ、カブ隊活動を序曲、ボーイ隊活動を歌劇の本番部分と言われました。
     ボーイ隊でしっかり成長できてこそ、ここまで続けてきた意味があるというものです。4名のスカウトの活躍を心より願っています。
     Fカブ隊長より

  3. ビーバー隊からは、3名のスカウトが元気にカブ隊へと巣立って行きました。
    はい、少しどころか、彼らと過ごした日々を思い返して、感無量な今を僕は過ごしています。
    ビーバー隊は、みんなと仲良く元気にあそぶことをやくそくするのですが、卒隊していった3名はしっかりとやくそくを守ってくれました。
    カブ隊に上がるとまたカブスカウトのやくそくを自分に誓います。
    彼らであれば、しっかりとやってくれることだろうとビーバー隊長として、太鼓判を押してカブ隊長にバトンを渡したいと思います。

    ビッグビーバーが揃って上進した今、1年生たち7名にまた新しい仲間が増えます。
    そして、また、ビーバー隊長は、今年はどんな楽しいプログラムをみんなと一緒にしようかとワクワクしながら、今日も報告書と計画書の提出期限におわれながらこのコメントを書いているわけです。

    ガンバレ!新リススカウト!
    ガンバレ!新ビッグビーバー!
    やってやろうぜ!京都23団のみんな!

  4. いつもご指導ご鞭撻、ありがとうございます。
    昨日、初めてボーイ隊活動に参加し、目を輝かせながら、楽しかったと話してくれました。
    彼女が自ら感想を進んで述べてくれる時は、本当に心から楽しかった気持ちの表れです。
    上進を拒んでいたのが嘘のように、次の活動を心待ちにしています。
    これから、きっと大変な事・辛い事にぶち当たることと思いますが、それ以上の喜び・楽しさ・仲間との絆を感じてくれる事を願っております。
    どうぞ、今後ともよろしくお願い致します。
    京都23団がますます発展しますように・・・

    1. 少女母様www
      ビーバー隊から一緒に活動してきた仲間が揃って上進されたこと、僕も嬉しく思っています☺️
      ボーイ隊での初めての活動をご家庭で話しているお子さんの姿が目に浮かぶようです🤗
      ボーイ隊は、お子さんが心身共に大きく成長する部門です。これから数々の試練もあるかもしれませんが、仲間とご家族の皆様の温かい応援で見守っていってあげて欲しいものです。
      もちろん、僕たちも隊は違いますが、サポートしていきますので、困ったことがあれば、また気軽に相談してくださいね!
      みんなで京都23団を盛り上げ、楽しんでいきまっしょい!

      ビーバー てる隊長

  5. さぞや、ご心配なされたかと思われます。
    喜んでくれて良かったです。あらためて、上進おめでとうございます🙇
    当日は団ルームのロッカーの備品や書類の整理を行いながら、様子を見ておりました。
    年間プログラム作成の話し合い、初級課目の点検と指導、休憩時間を利用してゲーム、歌の練習や事務連絡の確認、果ては報告書の作成まで。
    全て、スカウト自身で行ってくれました。
    「スカウトが自主的に自律しながら行う活動」
    新入スカウトがこの愉しさを感じてくれれば何よりです。
    班次長もますます力をつけてまいりました。
    どうかこれからも親子でご家族でスカウト運動をお楽しみいただければ幸いです。

  6. 全員揃ってのボーイ隊への上進。
    最高!!
    上進はゴールではなく、スタートです。
    遥かなるスカウティングの道のりの第一歩です。
    その道はいつかは花咲く道です。
    今回の上進スカウト4人で、力を合わせてきっと乗り越えてくれるでしょう。

    今日、新生ウルフ班が作ってくれた9月までの年間計画を確認しました。
    新入スカウトたちが着実に力をつけられるように、先輩スカウトたちがさらに歩みを進められるように、とても綿密に練られた計画です。
    今年の活動がとても楽しみです!
    いけ!ウルフ班!

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA