ボーイ隊が車椅子駅伝奉仕をしました。

2018年3月11日、今日は震災を振り返る大事な日です。亡くなった皆様を悼み、黙祷をしました。ボーイスカウトではこの震災のことを勉強する他、震災時にするべきこと、震災に備えてするべきことなど普段からしっかり勉強します。それが「そなえよつねに」と思います。

また、この時期にはボーイスカウト京都連盟の大切なご奉仕として車椅子駅伝があります。

西大路を通るマラソンは女子駅伝とこの車椅子駅伝があり、京都23団はどちらも自主整理員として西大路四条周辺でご奉仕をしております。

桂川地区では壬生檜公園に集合して、整理箇所に移動します。

まずは地区でのセレモニーです。23団はベンチャー、ボーイの5名が奉仕に参加しました。桂川地区のみんなとも交流できる数少ないチャンスです。

地区の代表者のお話です。

車椅子の選手が安心して走れるように、交通整理をお願いします。

選手が通過するまでは、担当地区で待機です。

今年から揃いの紫のウインドブレーカーで奉仕します。

反対側の道路にも立っています。

車や自転車が飛び出さないようにしっかり交通整理が必要です。

警察や、車椅子駅伝関係者と連携しながらしっかり自主整理員の仕事を務めてくれました。

地道な活動ではありますが、このご奉仕はこれまでボーイスカウトがずっと続けてきたお仕事です。来年もまたがんばりましょう。

地区としてのセレモニーはこれで終わり、解散して、ボーイ隊は団ルームで集会をしました。

いよいよ春キャンですね。

君たちの活躍に期待しています。

特に上進スカウトにとっては初の野営です。

楽しみですね。

by H副団委員長