2月18日のボーイスカウトたちの活動

ボーイスカウトは晴れやかな活動として、いつもキャンプやスキーをしているわけではありません。

晴れ舞台の裏側には地道な努力もあります。

普段からカブでは組集会、ボーイでは班集会、ベンチャーでもそれぞれ個人スキルアップや野営章や野外炊事章に向けての訓練を行っています。

まずはカブ隊の組集会の紹介

来週のBP祭に備えて、BP(ベーデン・パウエル卿)の何か…?書いていますね。

きっと当日まで秘密でしょう。

デンリーダーの皆さんも板についてきた感じがしますね。

ボーイ隊はロープの結索の練習。

2級章に向けて頑張れ!

練習でそっと巻く時は良いけれど、キャンプ場で支えに使う時は新聞紙で養生してね!

ベンチャー隊は

簡易濾過器の製作でしょうか。

良い報告書が書けるといいですね。

ボーイスカウトではものづくりを通した製作技術、考える力、報告書を書く能力などさまざまなスキルが身につきます。

2020年から大学入試制度が変わります。「知識・技能」だけでなく、大学入学段階で求められる「思考力・判断力・表現力」が増えます。また、入試でも面接が導入される事になりそうです。

入試のために我々は活動をしているわけではありませんが、ボーイスカウトの普段の活動は文部科学省の目指すべき人材育成として、次世代の入試にも全く合致したもので、自ら考える力を育んでいます。

また、ボーイスカウトの特徴である、「異年齢集団」である特徴は様々なメリットがあります。同じ団ルームに妹弟などの年少者から、小学校1年生ビーバー〜高3のベンチャーまで異年齢で一緒に活動しています。

同じ部屋の中で時に先輩が後輩を教え、お兄さんお姉さんにあこがれ育ちます。

午後は京都テルサにて京都連盟でボーイ隊とベンチャー隊の面接がありました。

 

珠洲で行われる日本ジャンボリーに向けての京都連盟での面接です。

面接でもしっかり受け答えできます。次世代の大学入試も全く問題なく胸を張って受験できることでしょう。

京都代表として、頑張ってジャンボリーに行って活躍してほしいものです。

By H副団委員長

 

0

4 thoughts on “2月18日のボーイスカウトたちの活動”

  1. カブ隊のみなさん
    BP祭、みなさんの発表がたのしみです。
    ボーイ隊のみなさん
    春季キャンプに向けて、エンジン全開!
    ベンチャー隊のみなさん
    めざせ!桂川アワード二年連続受賞。

    ご指導いただきました隊指導者の皆さま、デンリーダー、保護者の皆さまに感謝申し上げます。

  2. 団ルームも手ぜまに思えるほどのカブ隊の面々、みんな楽しそうに活動してますね〜
    ボーイ隊は、春季キャンプ頑張ってもらわねばですね!
    ベンチャー隊の濾過器、個人的に非常に興味があります!
    今年の夏、石川県で開催される日本ジャンボリー!参加するスカウトたちが帰ってきたときの成長した顔が今から楽しみだな〜
    各隊の活動の成果、楽しみにしてますね!

    ビーバー隊 テル隊長

  3. 東田副団委員長
    いつもブログアップありがとうございます。
    カブからベンチャーまでの活動見える化ありがとうございます(*^^*)
    どんなことをしているのか特に上の部門になるとわからないことが多いので非常に有難いです(^-^)v

  4. 集団面接だったのか!
    みんな、凛々しい。
    さすが23団のスカウトです。
    しっかり訓練を積んで、ジャンボリーに備えよー!
    春のキャンプもね。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA